コッヘルで米を炊くこと。

 それは、ぼくがワンダーフォーゲル部で学んだなかで、とても大切なことのひとつです。

 電気炊飯器がなくても米と水とコッヘルさえ持ち歩けば、火をおこすだけで、どこでも主食を手に入れることができるのです。

 電気につながれた世界の外側でも生きていける自信が湧いてきて、大げさかもしれませんが、すばらしい自由を手に入れた気がしました。

 沸騰したコッヘルを15分ほど直火から離し、弱火にかけていると、吹きこぼれる音もだんだん小さくなってきました。

 やがて、湯気のなかにかすかなおこげの香りが漂うと出来上がりです。

 久しぶりにコッヘルで炊いた米は、水加減を間違ったのか、すこしやわらかくなってしまいました。

 けれど、キャンプで食べる白ごはんの味は格別でした。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る