調理器具とはいっても、ステンレスでできた、折りたたみ式のただの四角い箱です。

 上部は開いていてコッヘルをのせられるように五徳が備わり、底は空気の通り道となるようメッシュになっています。

 この中で、枯れ枝や松ぼっくりなどを燃やし、ちいさな焚き火を起こして、その熱で調理するという仕組みです。

 火加減の調節はあまり細かくできませんが、森には燃料がそこらじゅうに落ちているので、足りなくなる心配がありません。

 テントのまわりで松ぼっくりを拾い集めるのは、まるで栗拾いかキノコ狩りでもしているようで、おもわず夢中になってしまいます。

 しかし、集めた燃料をストーブの中にいれ、火をつけようと思ったとき、焚きつけ用の紙を持ってきていないことに気がつきました。

 トイレットペーパーは自然のなかではお札よりも貴重です。メモ帳も旅の記録に必要だし、買い物のレシートもとっておきたい。

 当時のぼくは、この森で手に入るシラカバの皮がたきつけに最高だとは知らず、すぐ燃えてくれそうなものは他に思いつきませんでした。

 <こんなことなら新聞ぐらい買ってくるんだった。>

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る