壁紙

ノルウェー北部上空にたなびくオーロラ

2012年1月24日
太陽活動が活発だった1週間、ノルウェー北部クバル島のソマロイ橋の上空にオーロラがたなびいた。オーロラは、太陽から放出された荷電粒子が地球の大気に衝突し、ネオン管のように輝く現象だ。通常は極地周辺で見られるが、強い太陽嵐が到来した時期には低緯度地方でも発生する。
写真=Bjørn Jørgenson

2012年6月号「太陽嵐の衝撃」のダイジェスト&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • キノコをつかんでバランスをとるカエル(コスタリカ)
  • ベニヒワ、アラスカ
  • ビーチ、ニュージャージー
  • オオアリクイ、ブラジル
  • 原子力電池で走行する火星探査車「キュリオシティ」
  • 夏の別荘、スペイン
  • アラスカで冬を過ごすベニヒワ(米国・アラスカ)
  • 鏡の中の自分を見るインコ(米国・バージニア州)
  • パタゴニア、チリ