壁紙

ノルウェー北部上空にたなびくオーロラ

2012年1月24日
太陽活動が活発だった1週間、ノルウェー北部クバル島のソマロイ橋の上空にオーロラがたなびいた。オーロラは、太陽から放出された荷電粒子が地球の大気に衝突し、ネオン管のように輝く現象だ。通常は極地周辺で見られるが、強い太陽嵐が到来した時期には低緯度地方でも発生する。
写真=Bjørn Jørgenson

2012年6月号「太陽嵐の衝撃」のダイジェスト&フォトギャラリーはこちら

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • アカエイ、グランドケイマン
  • ゲラダヒヒ、エチオピア
  • 母親の背中に乗って採食場所に向かう幼いボノボ(コンゴ)
  • 米海軍が試験中のノースロップ・グラマン社「X-47B」
  • 鳥の群れ、イスラエル
  • 放棄された農場の横に並ぶトレーラーハウス(米国ノースダコタ州)
  • チーターとヒョウ、ボツワナ
  • 生まれつき顔が黒いボノボ(コンゴ)
  • バッタとトウワタの鞘