第3回 それでもマグロを食べますか?

「海で最速の魚」の危機

 私がマグロに強い関心を抱くようになったのは1990年のことだ。

 それまでも、缶詰やサラダ、サンドウィッチ、鍋料理に姿を変えたマグロのことはよく知っていたし、寿司や刺身が世界中に普及する何年も前に、ロサンゼルスの高級日本食レストランで、勧められるままに薄切りの生のマグロに挑戦してみたことさえあった。

 野生のマグロにも、2回遭遇した。最初は1975年、南太平洋のチューク環礁(トラック諸島)を取り巻くサンゴ礁の外縁に沿った険しい崖のそばで潜水していたときで、2回目はその1年後、ちょうど地球の裏側にあるインド洋のアストブ島で同じような崖縁沿いの深海に潜っていたときだった。

 その2回とも、青光りする大きなマグロは、自分たちのきらめく世界に闖入してきた奇妙な霊長類に興味を持ったらしく、すれ違いざまにちらっと見てやろうと、進路を変えて滑るようにこちらに近づいてきたが、やはり警戒したのか、するりと通り過ぎ、その暗い影はどこまでも続く青い空間に溶け込んでいった。

 ところが1990年、米国海洋大気局(NOAA)の主席研究者に着任して間もない頃に一つの論文を目にした。そこに記されていたのは、「海で最速の魚」として象徴的な存在でもある北大西洋のクロマグロが、20年間で90パーセントも減少したという衝撃的な事実だった。