森での出会いから3年にわたって、エストニア人写真家が撮り続けた1羽の雌フクロウの記録。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛しきフクロウ

森での出会いから3年にわたって、エストニア人写真家が撮り続けた1羽の雌フクロウの記録。

文=アマンダ・フィーグル 写真=スベン・ザチェック

 エストニアの写真家スベン・ザチェックが、森で出会った一羽の雌フクロウに一目ぼれ。初めは警戒していたフクロウも、ある日を境に心を開いていく。だが、別れは突然やってくる……。ザチェックが3年にわたって撮り続けたフクロウの写真からは、人間と動物の関係を超えた、深い愛情が伝わってくる。

編集者から

 ハリー・ポッター人気で、一時は「ペットにしたい動物」ナンバー1にまでなったフクロウ。かわいい顔をしていますが、気性は激しいのだとか。でも、人間が一目ぼれしてしまう確率は結構高いようです。ナショナル ジオグラフィックの書籍『フクロウからのプロポーズ』も、そんなフクロウと一緒に暮らした女性のお話。この特集でフクロウに興味を持ったらぜひご一読を。(編集H.O)

この号の目次へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ