壁紙

フエコチドリの脚は何本?

米国マサチューセッツ州のプラム島で、フエコチドリの親が、生まれたばかりのヒナたちを抱いて羽毛で温める。ヒナは生後数時間もすれば自力で食べ物を探せるようになるが、体温の維持には親の助けが欠かせない。
写真=Michael Milicia

2012年5月号「VISIONS」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 米国ウィスコンシン州の農場。トウモロコシと大豆の間にアルファルファを植えて、化学肥料の流出を防ぐ
  • 生息地と個体数が減少しているヨーロッパ原産のキタリス(英国インバネス)
  • およそ1000年前にバルト海が後退して形成された湿地帯
  • まだ学名がつけられていないオオコウモリの仲間
  • メンフクロウ、イギリス
  • 「ブランディワインの戦い」の古戦場に咲き乱れるムスカリの花(米国デラウェア州)
  • ニューギニア島西部にあるフォジャ山脈にすむアマガエルの一種
  • 月夜の山脈、ネパール
  • 冬は身を寄せ合って暮らすマナティー