第5話  地球微生物学よこんにちは

その2  「生命は地震から生まれた!」仮説に挑む

摩擦で発生するのはもちろん熱だけではありません。みなさんが摩擦で発生する熱以外のモノと言われてすぐ思いつくのはアレ、「静電気バチバチ」ではないでしょうか。

(引用)
静電気バチバチ―――古代ギリシアに現れた記録に残る最古の哲学者タレスによって紀元前600年頃に発見されたと言われる物理現象。タレスはなけなしのお小遣いで買った「横浜銀蝿」や「なめ猫」が描かれたセルロイドで出来た安っぽい下敷きを、授業中髪の毛にこすりつけることで髪の毛を逆立たせる遊びを思いついた。ふだん小難しいことばかり言うネクラなタレスが女子にキャーキャー言ってもらえる唯一の芸であったと言われている。しかし好きな女の子のスカートをめくり上げる程の未知のパワーを秘めていることに気付き、その至福の行為を猛烈に妄想するあまり道端の溝に落ちて笑われたと言う逸話が残っている。(民明書房「私が恋愛できない理由」より)

もしかして民明書房という有名な出版社をご存じない方もいらっしゃると思いますので、そういう方はぜひググってみてください。それでも「よくわからない」とおっしゃる方は、上記項目を完全に忘れてください。

ただし、摩擦によって生じる静電気は、「異なる物質で出来たモノをこする」ことと「こすったモノを引き離す」ことが必要なので、北米プレートと太平洋プレートの摩擦では静電気の発生は期待できません。

実は地震による岩石の摩擦によって、熱とか音といった物理的現象以外に、水素ガスのような化学物質が発生することが知られています。