第4回 「ゴキブリを食べるメガネザル」撮影秘話

2001年10月号特集「アジアの熱帯雨林 夜の森に生きる動物」より。
(©Tim Laman/National Geographic Stock)(写真クリックで拡大)

――インドネシアの熱帯雨林で、2カ月間にわたって自動撮影を試みたものの、ほとんど成果がなかったという残念なお話がありましたが、最初の見開きに使われたこのメガネザルの写真も自動撮影なんですか? 

 いいえ、これは手持ちの撮影です。自動撮影とは別に、4~5人の現地ガイドを雇って、日中にメガネザルが眠る穴のある木を見つけてもらいました。その後、毎日午後に出かけていって、彼らが活動するのを待ったんです。メガネザルが出てきてからは必死に追いかけました。

――えっ、木の上のサルを追いかけられるんですか?

2012年5月号特集「森の名演奏家 マイコドリ」
本誌ではティム・レイマンさんが撮影したマイコドリの写真を掲載しています。フォトギャラリーもあるWebでの記事の紹介はこちら。ぜひあわせてご覧ください。また、ティム・レイマンさんが審査委員を務める「日経ナショナル ジオグラフィック写真賞」のお知らせはこちら。