VISIONS

フエコチドリの脚は何本?

米国マサチューセッツ州のプラム島で、フエコチドリの親が、生まれたばかりのヒナたちを抱いて羽毛で温める。ヒナは生後数時間もすれば自力で食べ物を探せるようになるが、体温の維持には親の助けが欠かせない。
写真=Michael Milicia

2012年5月号より

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • コチョウゲンボウの狩り
  • ツンドラの子どもたち
  • 雪のアフガニスタン
  • 仕事に出かける若者
  • 炎に包まれた馬
  • 巡礼者で埋まった大モスク
  • 網を巧みに操る漁師
  • すやすや眠る男の子
  • ロープウェーで綱渡り
  • お菓子好きのアライグマ
  • 兄弟でブランコ遊び
  • くつろぐオランウータン
  • 驚異のハチ人間
  • 静かな余生を過ごす
  • ダイブ好きな犬