壁紙

非情の山 K2に挑む 5
かすかなテントの明かり

中央左側の峰に小さく光る点は、登頂を果たしたゲルリンデたちが暖をとるテントの明かりだ。15時間に及ぶ頂上へのアタックを終え、標高8300メートルのビバーク地点に戻ってきたことを知らせている。写真家のトミー・ハインリヒは、14分間もの長時間露光で、3キロ以上離れた場所にある前進キャンプからこの写真を撮影した。
写真=Tommy Heinrich

2012年4月号「K2 頂をめざして」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 真っ赤なイソギンチャクとクマノミ(パプアニューギニア)
  • 川の流れがつくった「大理石の城」(ノルウェー)
  • 氷河の窓からのぞく山(ノルウェー)
  • クマノミとスズメダイ、イソギンチャク(パプアニューギニア)
  • 外界から隔絶されたフィヨルド(ノルウェー)
  • サンゴの穴とヤドカリ(パプアニューギニア)
  • 水槽に釘付けの少女
  • モレラ、スペイン(1928年)
  • 動物園生まれのリカオン