第18回 田邊優貴子「ただいま! そして、さようなら」

 昭和基地を去る最後の夜には、越冬隊の仲間たちとの別れを惜しみ、基地のバーでは夜通しにぎやかな話し声が響いていました。昭和基地最後の夜は通算3度目になりましたが、毎回、寂しいけれどとても楽しい夜になります。

 え?! 昭和基地にはバーがあるの?!

 と驚く方もいるかもしれません。

 そうなんです、なんと昭和基地にはバーがあるんですよ。と言っても、もちろんバーテンダー業務は隊員たち自らでやるわけですが。さらに、毎日開店するわけではありません。

 52日間にわたる野外調査を終えて昭和基地入りした私は、すっかり達成感と疲労感と安堵感と燃え尽き症候群を抱えた状態で気が抜けてしまっていたものの、最後の夜は、仲間の隊員が持ってきてくれた我が故郷・青森の酒を飲んで楽しく過ごしました。

昭和基地のバーにて故郷・青森の地酒を飲む。野外調査を終えた安堵感で一気に気が抜けた。(写真クリックで拡大)