Photograph by Klaus Nigge
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年4月号「群舞するフラミンゴ」では、湖に群れる鳥たちのユニークで躍動感に満ちた姿を写し出し、2008年10月号「フィリピンワシ」では、危機にさらされる国鳥の凛々しい表情をとらえた(上)。ほかにもナショナル ジオグラフィック誌にペリカンやアメリカシロヅルなど、鳥の写真を掲載してきた。
(左側にナショナル ジオグラフィック誌でクラウス・ニガが担当した特集へのリンクを掲載しています。特集ページの「フォトギャラリー」や「ズームイン」をクリックし、その作品世界をお楽しみください)

 小さい頃からカメラが好きで、17歳の時には自作の三脚に取りつけた8ミリカメラを担ぎ、あちこちで撮影したという。大学卒業後しばらくは生物学者として活動していたが、野生動物を撮りたいという思いを断ち切れず、写真家として生きることを選択した。

 クラウス・ニガは、被写体となる動物のことを熟知するまで同じ場所に何度も通う「スローな写真家」。そうすることで、動物たちそれぞれの個性を表現し、彼らが暮らす環境ごと描き出そうとしている。

 写真集も精力的にリリースしている。『Return of the Emperor』ではポーランドの原始林で暮らすバイソンを、『Kamchatka』ではカムチャッカ半島の大自然に暮らす動物たちを紹介した。1956年生まれ。ドイツ・リューベン在住。

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ