壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトウキビの大規模農園
(ブラジル)

16世紀、ブラジルの沿岸部にサトウキビの大規模農園が作られると、ポルトガル領のアフリカから何百万人もの奴隷が連れてこられた。現在、ペルナンブコ州リオ・フォルモゾにあるこうした農園では、主要な輸出品であるエタノールの原料としてサトウキビを生産している。
写真=Tyrone Turner

2012年4月号「ブラジル 逃亡奴隷の闘い」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ