壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトウキビの大規模農園
(ブラジル)

16世紀、ブラジルの沿岸部にサトウキビの大規模農園が作られると、ポルトガル領のアフリカから何百万人もの奴隷が連れてこられた。現在、ペルナンブコ州リオ・フォルモゾにあるこうした農園では、主要な輸出品であるエタノールの原料としてサトウキビを生産している。
写真=Tyrone Turner

2012年4月号「ブラジル 逃亡奴隷の闘い」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ