第4章 1921-1956 カラー革命と第一期黄金時代

第10回 世界初の有人深海調査を支援(前編)

 無人のテストを何度か繰り返したのちに、6月5日にビービとバートンがはじめて乗り込みます。ドキドキしたでしょうねえ。無人のテストをしたとはいえ、そんなことをしようとした人は過去にいませんでしたから。

 世界ではじめてのチャレンジです。当時は潜水艦の記録ですら120メートルでした。ビービが目指した深さは以前網を入れた900メートルです。万一、深海で浸水しようものならあっという間におだぶつです。

 ビービはその模様を『ナショナル ジオグラフィック』1931年6月号の特集「海の墓場への往復旅行(A Round Trip to Davy Jones’s Locker)」と題してレポートしています。

 余談になりますが、Davy Jones’s Lockerとは「(死んだ船乗りが横たわる)海底」という意味。デイヴィ・ジョーンズって、どこかで聞いたことありません? 『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てきましたよね。フライング・ダッチマン号の船長として。そう、タコとカニと人間の合いの子みたいなアレです。それから、『ワンピース』の「デイビーバックファイト」の考案者だったり、「ホーディ・ジョーンズ」のモチーフにもなっています。それなりにメジャーな表現みたいですよ。

 調査の話に戻りましょう。