というのも、日本南極地域観測隊は「日本けん玉協会」の公式な「南極支部」であり、隊員のひとりが検定員の資格をもって来ているので、級位の取得が可能なのである。定期的に開催される級位認定試験の場で、級位に応じた3種類の技を、級位に応じた成功率でこなすことができれば、履歴書にも書ける「けん玉道○級」の証書がもらえる。南極に凄腕のけん玉プレイヤーが揃っているのはそのためである。

 私だって、いままでに膨大な時間をけん玉に費やしてきており、自分でいうのも何だがけっこううまい。ただ惜しむらくはノミの心臓。普段の練習で何気なくきめている技も、検定員の前に立ち、皆が息を殺して見守る中で挑戦すると、緊張で膝が震えてしまい、焦りが焦りをよんで、十に一つもきまらないのである。今までに何度、そうした失敗を繰り返してきたことか。

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

 だからこそ、つい先日の話だが、鬼門の「灯台」がきまり、一級の試験に合格した時の嬉しさといったらなかった。そうして、その後に出た、夜空にゆらめく絹のカーテンのようなオーロラが、その喜びを倍加してくれた。

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

つづく

渡辺佑基

渡辺佑基(わたなべ・ゆうき)

1978年、岐阜県生まれ。国立極地研究所生物圏研究グループ助教。世界の極地を飛び回り、データロガーを駆使して主に極域に生息する大型捕食動物の生理生態および種間比較を研究している。2011年「動物の泳ぐ速さを決めるサイズ効果を発見」(J. Anim. Ecol. 80, 57-68 (2011))が『Nature』の「News&Views」に紹介された。同年、学術分野全般で優れた実績を積み上げた人に贈られる山崎賞を受賞。

田邊優貴子

田邊優貴子(たなべ・ゆきこ)

1978年、青森市生まれ。2006年京都大学大学院博士課程退学後、2008年総合研究大学院大学博士課程修了。現在は、早稲田大学 高等研究所・助教。植物生理生態学者。博士(理学)。
小学生の頃から極北の地に憧れを抱き、大学4年生のときには真冬のアラスカ・ブルックス山脈麓のエスキモーの村で過ごした。それ以後もアラスカを訪れ、「人工の光合成システム」の研究者から、極地をフィールドにする研究者に転身する。
2007~2008年に第49次日本南極地域観測隊、2009~2010年に第51次隊に、2011~2012年に第53次隊に参加。2010年夏、2013年夏に北極・スバールバル諸島で野外調査を行うなど、極地を舞台に生態系の研究をしている。
ポプラビーチでエッセイ「すてきな 地球の果て」連載中
http://www.poplarbeech.com/chikyunohate/005708.html

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る