覚悟

 是後ボートモ乗セ終リ既ニ下ルコト数尺、時ニ指揮員人数ヲ数ヘ今二人ト叫ブ其声ト共ニ一男子飛ビ込ム。余ハ最早船ト運命ヲ共ニスルノ外ナク最愛ノ妻子ヲ見ルコトモ出来ザルコトカト覚悟シツツ凄想ノ思ヒニ耽リシニ今一人ノ飛ブヲ見テ責メテ此ノ機ニテモト短銃モ打ルル覚悟ニテ数尺ノ下ナル船ニ飛ビ込ム。

 幸ナル哉、指揮者他ノ事ニ取紛レ深ク注意ヲ拂ハズ且暗キ故男女ノ様子モ分ラザリシナランカ、飛込ムト共ニボートハスルスルト下リテ海ニ浮ブ。十数歩ヲ漕ギ出シ船ヲ顧ミレバ多数ノ船客尚甲板ニ徘徊シツツアルヲ見ル。ボート内ニハ婦人連ノ泣声小児ノ叫声盛ニシテ物悲シ。蓋シボートニ乗ルマデハ命ノミヲ気ニカケシ故泣ク暇ナカリシナラン。

 船ハ尚信号ヲ打上ゲツツアリ。三段ノ甲板ハ既ニ水ニ没シ六十度位ノ傾斜ヲナスヲ見ル。一端乗リシボートヨリ他ノボートニ一同移サル。是レ此ク人員ヲツメテ一隻丈ヲ空ケ之ニ人ヲ乗セントテナランモ、仔細ニ様子ヲ見レバ此レ船員等ガ自己ノ仲間ヲ助ケン目的ニテ船客ヲ助ケン為ニハ非ザルガ如ク、其証トシテ割合ニ多数ノ船員救助セラレタル様子ナリ。

 小生等ノボートニハ男子ハ僅カニ二人ニテ一人ハアルメニア人一人ハ小生ナリ。共ニ漕グ手伝ヒヲサセラレ閉口セリ。海ハ幸ニ波高カラズ、天気モ晴朗ニテ実ニ幸ナリキ。此時ニ当リ船上ニ在ル船客ハ逃ルベキ道ナキヲ以テ声ヲ上ゲテ救ヲ呼ブ様スサマジク、船ハト見レバ上甲板丈水面ニ表ハレツツアルノミ、実ニスゴキコト云ハン方ナシ。

次ページ「沈没」