細野正文さんの手記全文(読みやすくするため、編集部で改行を設けました)

混乱

(細野家蔵 横浜みなと博物館寄託)

4.14~15(4月14日~15日)

 天気快晴、午前七時起床、八時朝食、二時昼食、六時夕食、其間読書シタリ運動シタリ或ハ自室ニテ平臥ナドシテ日ヲ送ル。夜十時床ニ入リ読書シナガラ稍眠ヲ催フシ夢現ノ時船ガ何カニ突キ当リタル心地セルモ別段気ニ止メズ、間モナク船停止ス。

 オカシキト思ヒナガラ大事件ノ発生ナルトハ、思ハズ平気ニ眠リシニ、十一時頃Stewardガ戸ヲ叩クニヨリ開キ見レバ起キテ甲板ニ行ケト云フ。何事ガ起リシヤト問フモ答ヘズ、ライフブイヲ投ゲオキテ急ギ去ル。甚怪シト直ニ服ヲツケシモ急ギノ事故白シャツ、カラ等ヲツケズ オ大急ギニ衣ヲ付ケテ甲板ニカケ上ガリ見レバ船客右往左往サマヨヒ皆ライフブイヲツケタリ。

 怪ミテ故ヲ問フモ誰モ知ラズ、甲板ニテ水夫ハ三等デキニ下リヨト云フ。云フガ儘ニ下リシモ多数ノ人ガ下リル様子ナキ故再ビ上ルト咎ム。即二等船客ナル旨ヲ述ベテ許サレ、急ギ自室ニ帰リテ銭入丈ヲ取リ時計、各国金貨、眼鏡等ヲ取ルヲ忘レ毛布ヲツカミ大至急ニ最上甲板ニ上ル途中水夫ハ下甲板ニ居レト云ヒシモ聞カザル風ヲシテ上甲板ニ至レバボートヲ下ロシツツアリ。

 前ニ多数ノ男女群集ス。是ヲ見シ時ハ大事件ノ発生セシコト疑ナキヲ知リ、生命モ本日ニテ終ルコトト覚悟シ別ニアワテズ、日本人ノ恥ニナルマジキト心掛ケツツ尚機会ヲ待チツツアリ。此間船上ヨリハ危急信号ノ花火ヲ絶エズ上ゲツツアリ、其色青ク其声スゴシ。

 何トナク凄愴ヲ感ズ。船客ハ流石ニ一人トシテ叫ブモノモナク皆落付キ居レルハ感ズベシ。ボートニハ婦人連ヲ最先ニ乗ス。其数多キ故右舷ノボート四隻ハ婦人丈ニテ満員ニ形ナリ。其間男子モ乗ラントアセルモノ多数ナリシモ、船員之ヲ拒ミ短銃ヲ擬ス。此時船ハ四十五度ニ傾キツツアリ。

次ページ「覚悟」