(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

 ところどころ巨大な氷山を閉じ込めた真っ白な氷原をバックに、ペンギンたちは一斉に隊列を組み、するすると腹滑りしながら船のすぐ脇まで寄ってきた。そしてしばらくその場に突っ立ち、「しらせ」のオレンジ色の船体を眺めているふうであったが、急に興味を失ったようにまた腹滑りを始め、みるみるうちに氷原の彼方へ消えていった。

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る