壁紙

プランクトンを食べるジンベイザメ
(アフリカ・ジブチ沖)

アフリカのジブチ沖に現れた若いジンベエザメ。冬になると栄養分の豊富なタジュラ湾にやってきてプランクトンを食べる。ジンベエザメはアラビア半島の豊かな海を象徴する存在になりつつあるが、海の生態系を守る取り組みは、まだ始まったばかりだ。
写真=Thomas P. Peschak

2012年3月号「アラビアの海を慈しむ」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 泉の奥へと下りていく考古学者(メキシコ)
  • 竹林、日本
  • 夜の散歩、シドニー
  • 雨に打たれるライオンのコンビ(タンザニア)
  • 地下18メートルの泉からはしごを伝って地上へ戻る(メキシコ)
  • 波、アイスランド
  • 東京、日本
  • ヒガシアメリカオオコノハズク、ジョージア州
  • 交尾のあとで休んでいたライオンの雄と雌(タンザニア)