壁紙

プランクトンを食べるジンベイザメ
(アフリカ・ジブチ沖)

アフリカのジブチ沖に現れた若いジンベエザメ。冬になると栄養分の豊富なタジュラ湾にやってきてプランクトンを食べる。ジンベエザメはアラビア半島の豊かな海を象徴する存在になりつつあるが、海の生態系を守る取り組みは、まだ始まったばかりだ。
写真=Thomas P. Peschak

2012年3月号「アラビアの海を慈しむ」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 冬は身を寄せ合って暮らすマナティー
  • 深さ30メートルほどの氷上の湖を進むカヤック(グリーンランド)
  • マンモスの牙を探すハンター(シベリア)
  • カッポレとイワシの群れ
  • 9月の嵐で昼間でも暗くなるタセミウ・フィヨルド(グリーンランド)
  • シアトルセンターの彫刻
  • 船のスクリューと接触して傷を負ったマナティー
  • ゲラダヒヒ、シミエン山地
  • 紅葉したウッドローンの木々(米国デラウェア州)