(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

「餌とり当番」の親ペンギンたちが海氷上に数十羽も群れ集っていることがあった。皆、いちはやく海に飛び込んで仕事を済ませたい気持ちはやまやまなのだが、天敵のアザラシが待ち受けているかもしれず、二の足を踏んでいる。しかし、勇気ある1羽が先陣を切り、ガーと鳴きながら飛び込むと、他のペンギンたちも堰を切ったようにガーガー鳴き交わしながら海になだれ込んでいき、あとにはしんとした静寂ばかりが残る。そうして1~2分後、餌をとり終えたペンギンたちが同じ場所からシュポン、シュポンと次々に海中から飛び出してくる。

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る