第14回 渡辺佑基「ペンギン調査終了」

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)

 昨年12月末から40日間に渡ったペンギン調査と、それに続く昭和基地での土木作業手伝いが終わり、「しらせ」に戻った。これで南極観測隊における自分の役割は全て終了。ずっしりとのしかかっていた肩の荷がうそのように下りて解放感でいっぱいである。あとは3月17日のフリーマントル入港を、首を長くして待っていればよいだけ。目下の関心事といえば、大量に残っている私物の酒、つまみ、カップラーメン等を消費しきれるかということ(がんばらねば!)、それから、これから見え始めるオーロラをうまく写真に収めることができるかということ。平和なものである。

(撮影:渡辺佑基/協力:ニコンイメージングジャパン)(写真クリックで拡大)