壁紙

巨石のある風景1
天から降ってきたような巨石

ワシントン州のコルビル先住民居留地に残る、40トンの迷子石。まるで天から降ってきたようだ。こうした巨石は、バイソンが体をこすりつけるため、米国では「こすり石」と呼ばれることもある。
写真=Fritz Hoffmann

2012年3月号「巨石のある風景」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • およそ1000年前にバルト海が後退して形成された湿地帯
  • まだ学名がつけられていないオオコウモリの仲間
  • メンフクロウ、イギリス
  • 「ブランディワインの戦い」の古戦場に咲き乱れるムスカリの花(米国デラウェア州)
  • ニューギニア島西部にあるフォジャ山脈にすむアマガエルの一種
  • 月夜の山脈、ネパール
  • 冬は身を寄せ合って暮らすマナティー
  • 深さ30メートルほどの氷上の湖を進むカヤック(グリーンランド)
  • マンモスの牙を探すハンター(シベリア)