第13回 田邊優貴子「落ちたのは、きっと好き過ぎたから」

ラングホブデにある「氷河池」。1年間で水位が2メートル弱も上昇した。(写真クリックで拡大)

 突然、地球の重力を感じなくなりました。

 ん?! なんだ??
 あれ? 体が冷たいぞ。

 なんと私は薄氷を突き破って、湖の中に落ちたのでした。
 幸い歩いていたところが湖岸に近かったおかげで、水に浸かったのはみぞおちまで。

 おお、そういうことか・・・
 私は冷静に状況を把握しました。
 ここは先達の手法を踏襲してここを脱出するしかない。

 先達とは、この水と氷の世界の住人であるウェッデルアザラシのこと。
 私は迷わず彼らの真似をし、スルリと氷の穴から氷上に這い出て、ことなきを得たのでした。