壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カヤネズミの曲芸

晴れた夏の日、フランス・アルザス地方の小麦畑でカヤネズミが食事中。脚と尻尾を穂にかけて、器用に麦粒を食べる。ヨーロッパのネズミの中では最も小さい種で、鳥の巣のような丸い巣を作る。
写真=J. L. Klein and M. L. Hubert, Biosphoto

2012年2月号「VISIONS」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

ナショジオクイズ

Q:現在のEVとはまったく違いますが、電気で走る車はエンジンで駆動する車が登場した頃からありました。その当時、電気で走る自動車を手がけていた自動車工学者といえば誰でしょう?

  • ルイ・シボレー
  • エンツォ・フェラーリ
  • フェルディナント・ポルシェ

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ