いただいてみると、バリで食べた極薄生地のダダールよりクレープ地がもっちり、ボリューム感がある。「インドネシアでも、家庭や作る人によって味わいが違うんですよ」とスタミさんはにっこり。でも、どちらのダダールも、シャクシャクとしたココナッツの具とクレープ地の異なる食感が楽しい。

 ちなみに、バリで食べたお菓子の多くが甘さ控えめだったことから「インドネシアのお菓子ってあまり甘くないものが多いんですか?」と大平さんに聞いてみると、「たまたまでしょうね」とのこと。また、同じインドネシアでも地域によって味覚の傾向が異なるといい、例えば、ジャワ島中南部にある都市ジョグジャカルタのお菓子は特に甘いことで有名だそうだ。

 さて、「チャベ」では、もう一つおやつを厨房で作っていただいた。やはりお店の定番メニューで「インドネシアのおやつといったら、これでしょう」と大平さんが教えてくれたのは・・・。

 インドネシアでは一家に1本あるとも言われる、アレです。
 もったいぶって恐縮ですが、来週、ご紹介しますね。
 最後にダダール・グルンの材料です。

ダダール・グルンの材料。左が生地、右がココナッツを使った具。緑色の発色は作る人によって様々。バリでは、もっとぐっと緑色の濃いダダールも見ました(写真クリックで拡大)

【ダダール・グルンの材料】
クレープ地
小麦粉 200グラム
水   160cc
塩   ひとつまみ
卵   2個
パンダンシロップ(メロンシロップでも代用可)
バターオイル  適量

中身
ココナッツファイン  適量
ヤシ砂糖       適量

インドネシアンレストラン チャベ目黒通り店
東京都目黒区3-12-7 バルビゾン48 2階
電話:03-3713-0952
ホームページ:http://www.cabe-eco.com/

メレンダ千春

海外に行けば、どこを見ずとも行くのはスーパーのおやつ売り場という、激甘から激辛まで味の守備範囲は360度のライター。最初の異国のお菓子との出会いは、アメリカに住む遠い親戚のおじさんが日本を訪れる度にお土産にくれた、キラキラ光る水色の紙でキャンディーのように包装されたチョコレート。ミルクの味が濃くて、おいしかったな~。インパクトのあるおやつを求めて、日々邁進中。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る