第4回 「あなたの人生はあなたのもの」

――自身の責任、自身の決断で挑戦する。そこに自由があるということですね。

 しかし、現代社会がリスクを避けるようになってきているのは確かだと思います。

 先の命綱なしの話でいえば、命綱をつけるという条件は、安全のためというのが建前ですが、その裏には何かあったときのリスクを避けたいという思惑が働いていると思う。その傾向は先進国ほど強いですね。

 一方で、僕の目から見れば、生命や身体にかかわるリスクを嫌いながら、とんでもないリスクを進んで抱え込んでいるのが先進国だとも思います。

 たとえば、投資ビジネスの世界がそうですね。身体的なリスクは伴わないけれど、とてもリスクの高い取引を平然とやっている。そして、しばしばエリートビジネスマンといわれる人が重大な犯罪を起こしたりもする。何かおかしいですよ。

“逮捕”のポーズ。(写真クリックで拡大)