第3回 「誰にでも自分を変える能力がある」

(写真クリックで拡大)

 当時の僕は、内気な性格の自分自身に満足していなくて、いつも居心地の悪さを感じていたのです。しかし、あの映画を見たことで、自分のしたいことが決まった。「挑戦」の場を見つけたのです。

――そこから素手で岩壁を登るフリークライミングに移っていくわけですが、命綱なしにはこだわりがあるのですか。

 それが僕のスタイルですからね。ビルに登るときも、本当は命綱なしがいい。

――ドバイのブルジュ・ハリファで6時間。それだけの長丁場を乗り切る集中力を、どのように整えているのですか。

 壁に6時間はりついているというのは、山登りでもざらにありますよ。

 そうね、特別なことは何もしていませんね。よく平常心を保つためにヨガでもやっているのではないかといわれますが、心理面での準備は何もしていません。

 登ろうという意欲があれば、それで十分。心からやりたいと思っていることをやっている間は何も問題はない。もちろん、身体面のトレーニングは怠りませんけれど。

ハードなトレーニングを欠かさず、驚異の身体能力を維持している。(動画提供:Alain Robert)