大手スーパーには、ずらっとお菓子コーナーが並んでいる。写真はナッツや豆類を粉類でコーティングした袋菓子のコーナー(写真クリックで拡大)

 一方、ナッツ類や豆類を使ったお菓子もポピュラーなようで、どこのスーパーでも、粉類でコーティングをしたピーナッツをはじめ、同じ様な種類のお菓子だけを集めたコーナーがありました。

 さて、日本で待つ隊員たちのために、いくつかのお店で特に目に付いたお菓子を購入。しかし、未知のスナックがありすぎて、ごくごく一部しか買えなかったのが残念です。

 試食会でまずみんなが手を伸ばしたのが、袋に「pedas(ペダス)」(辛いという意味)と書かれたお菓子類。料理に「サンバル」と呼ばれる辛味調味料が欠かせないインドネシアならではのフレーバー。

 タピオカ粉でコーティングしたピーナッツ、小麦粉でコーティングした空豆や、ポップコーン状のとうもろこしに、それぞれ真っ赤なスパイスをまぶしたスナックを次々に試食。一番人気はピーナッツのスナック。ほどよくピリッとしていて、コーティングの中の極小粒ピーナッツとの相性もいい。これはインドネシアの大手食品会社、ガルーダフードグループのもの。ちなみにガルーダとは鷲のこと。インドネシアの国章にもなっています。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る