• TOP
  • Webナショジオ
  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー アラン・ロベール

「指先2センチをかけられるスペースがあれば、登れますよ」と、世界各地の高層建築物を素手で登り、「ザ・フレンチスパイダーマン」の異名を持つアラン・ロベールさん。21mのルーブル美術館のピラミッドから、800mを超えるドバイのブルジュ・ハリファまで。世界を股にかけ、この17年間に登った建物は130カ所以上におよぶ。しかも、その多くが命綱なしだ。冒険者に贈られる表彰を受けるため来日したのを機に、じっくりと話をうかがった。あなたはなぜ、ビルを登るのですか――。(インタビュー・文=高橋盛男/写真=田中良知、Alain Robert)

ナショジオクイズ

Q:米国では20世紀初頭に始まり、かつては大変な人気を博したグレーハウンドのドッグレース。この犬と同程度の速さで走れる動物はどれでしょう?

  • ヘラジカ
  • ダチョウ
  • ハイイロカンガルー

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ