クエ・ラピス。これは、ほどよい甘さで美味しかったもの(写真クリックで拡大)

 実はこれ、米粉やタピオカ粉、緑豆粉などをココナッツミルクと混ぜ、型に入れて蒸し上げたお菓子。ストライプ状になっているのは、材料をさまざまな色に着色して、一段一段色違いの薄い層を重ねながら蒸し上げるためだ。

 買ってみたものは、緑の部分がパンダン(この食材には独特の香りもあって、色付けだけでなく香り付けのためにも使用される)、茶色い層はヤシ砂糖を使って色を出したもののようだった。実は、日本ではまだ、美味しいういろうに出会ったことがないメレンダ。これまで食べてきた甘い甘いういろうに比べると、断然インドネシア版に軍配。空港のお姉さんのお薦めも買ってみればよかったなぁ。

 ところで、クエ・ラピスと呼ばれるお菓子には、「ストライプ模様のういろう」以外のものもあることも発見した。インドネシア版バームクーヘンだ。実は、「ラピス」というのはインドネシア語で「層」、「クエ」というのはケーキの意味(いずれもマレー語でも同じ)。層をなすケーキ(お菓子)という意味では、ういろうもバームクーヘンも同じというわけ。バリのスーパーには、どこもバームクーヘン版のクエ・ラピス・コーナーがあり、プレーンタイプからコーヒーやバナナ、ココナッツなど何種類ものフレーバーが並んでいた。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る