VISIONS

カヤネズミの曲芸

晴れた夏の日、フランス・アルザス地方の小麦畑でカヤネズミが食事中。脚と尻尾を穂にかけて、器用に麦粒を食べる。ヨーロッパのネズミの中では最も小さい種で、鳥の巣のような丸い巣を作る。
写真=J. L. Klein and M. L. Hubert, Biosphoto

2012年2月号より

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • コチョウゲンボウの狩り
  • ツンドラの子どもたち
  • 雪のアフガニスタン
  • 仕事に出かける若者
  • 炎に包まれた馬
  • 巡礼者で埋まった大モスク
  • 網を巧みに操る漁師
  • すやすや眠る男の子
  • ロープウェーで綱渡り
  • お菓子好きのアライグマ
  • 兄弟でブランコ遊び
  • くつろぐオランウータン
  • 驚異のハチ人間
  • 静かな余生を過ごす
  • ダイブ好きな犬