VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カヤネズミの曲芸

晴れた夏の日、フランス・アルザス地方の小麦畑でカヤネズミが食事中。脚と尻尾を穂にかけて、器用に麦粒を食べる。ヨーロッパのネズミの中では最も小さい種で、鳥の巣のような丸い巣を作る。
写真=J. L. Klein and M. L. Hubert, Biosphoto

2012年2月号より

VISIONS一覧へ

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:南極のウェッデルアザラシが海氷の下で魚やタコを狩る際に鳴き声を発するのは何のためでしょう?

  • 暗い水中で獲物を見つけるため
  • 獲物を気絶させるめ
  • 上機嫌で歌うため

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ