中央アジアの新興国カザフスタンが、豊富な資源で得た巨額の資金を投じて建設した新首都。人工的なその街で、若者たちが夢を追う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虚栄の都 アスタナ

中央アジアの新興国カザフスタンが、豊富な資源で得た巨額の資金を投じて建設した新首都。人工的なその街で、若者たちが夢を追う。

文=ジョン・ランカスター 写真=ゲアード・ルドウィッグ

 中央アジアの新興国カザフスタンが遷都したのは1997年のこと。石油や鉱物資源で得た莫大な資金を投じてつくられた新首都アスタナは、強権的な指導者ナザルバエフ大統領の野心の表れだ。

 華やかさとは裏腹に、どこかはかなさを感じさせるこの街へ、多くの若者が夢を追い求めてやってくる。果たして彼らには、どんな未来が待っているのだろうか?

編集者から

 本編に出てくる新首都のシンボル・タワー「バイテレク」。その展望台は97メートルの高さにあるのですが、これは遷都の年(1997)にちなんでいるのだとか。翻訳の確認でお世話になったカザフスタン大使館の書記官の方に教えていただきました。

 ちなみに書記官の皆さん、日本語力は日本人以上。どうやって勉強されたのでしょう?? 以後、気合を入れて自分の原稿を見直したのは言うまでもありません……。(編集H.O)

この号の目次へ

ナショジオクイズ

2019年に没後500年を迎えたレオナルド・ダ・ヴィンチの残した『レスター手稿』を所有している人物といえば?

  • ビル・ゲイツ
  • イーロン・マスク
  • ジョージ・ルーカス

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ