オンデ・オンデ。見かけからじゃ、中にシロップが潜んでいるとはわからないでしょ?

 もち米のとても鮮やかな青緑は、マメ科の植物の青い花で着色しているとか。絶対、すごく甘いのだろうなぁと思ったら、とても控えめな甘さ。もちっとしていて、上品なおはぎのような味わいだった。

 そして、秀逸だったのが次に口にしたきれいな緑色の小さな団子。
 シンガポールやマレーシアで「オンデ・オンデ」と呼ばれるお菓子だ。

 「ココナッツ風味の団子みたいなものかな」とちょっとかじったら、中から「ツユ」が飛び出してきた。なんと、ヤシ砂糖のシロップ入りの団子だったのだ。


後で別の場所で見付けたオンデ・オンデ。右は切ってみたところ。このオンデ・オンデのシロップはさらさらで、かなりあっさり味。詳しくは次回に!

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る