トッピングが終わったら、生地を半分に切ってトッピングした方を内側にし2枚を合わせる。更に食べやすいよう切れ目を入れたら完成! 少し濃いきつね色になるまで焼いた表面に加え、厚みのある生地、断面からのぞくチョコレートが餡子に見えて、まさに今川焼き風。

 持ち帰れるよう箱に入れてくれるのだけど、せっかくだから出来たてをその場で頬張る。相当甘いけど、これが美味しい。甘い中にほんのりチーズの塩気が加わって、お兄さん、いいバランスです。

 ちなみに、マルタバには甘くないものもあって、それも同じ屋台で売られていた。ここでは両方単にマルタバ、と表示されていたけれど、正式には、甘いものは「マルタバ・マニス」(マニスは甘いという意味)、甘くないものは、「マルタバ・トゥルール」(トゥルールは卵の意味)と呼ばれるらしい。

 トゥルール作り方はマニスとはまるで違う。これは、クレープ状の薄い生地でたっぷりとした溶き卵と合わせた野菜や肉などの具をくるみ、揚げたスナックだ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る