周りはどこまでも続く分厚い氷の海。アデリーペンギンの群れが船の横を通り過ぎてゆく。(写真クリックで拡大)

 やっとこの時がやって来ました。
 もうすぐ南の果ての大陸に上陸です。

 まだかまだか??
 そろそろ??

 なんて思いながら、船の位置情報を確認したり、外の状況を見に行ったり、この1週間は日々ソワソワしていました。

 陸の上を自分の足で自由に歩きたいなぁという気持ちはもちろん、何よりも早く南極大陸に上陸し、1年にわたってずっと準備してきた自分の調査に取りかかりたいと思うのは至極当たり前のことでしょう(ここだけの話、船酔いはまったくしない私ですが、実は海がちょっと苦手で、そのせいか船の上での生活はあまり好きではありません)。

 さて、第1回目で少し触れましたが、今回は、これからどんな調査をするのかお話ししたいと思います。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る