最近は、ジョギングしたときによく地図を見ますね。

――え、走りながら地図を見るんですか?

 まさか(笑)。走ったあとに、コースを地図で確かめるんですよ。 

 地図を見慣れると、初めて訪れた地方の街でも道に迷わないようになりますよ。お城とか、高いビルとか、ランドマークになるものを見定めて、北がどっちかがわかれば、駅はこっちのほうだとか、泊まっているホテルはあっち側だとか、だいたい方角の見当がつく。だから、初めての街でジョギングしても道に迷わずに帰って来られるのです。

 それで、戻ってから走ったコースや、走りながら見たものを地図でチェックするんです。

 東京にいるときは、テレビ局から走って帰ったりもしますが、地図はだいたい頭に入っているから、今日はちょっと違う道を走ってみようとかね。たまに、とんでもない方向へ行ったりするけれど(笑)。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る