壁紙

タツノオトシゴをかたどった黄金の装飾品(パナマ)

首長の遺体は金の装飾品とともに埋葬されていた。タツノオトシゴ形のペンダントや耳飾り、胸当ての破片、首飾り、ブローチ。これらの遺物はすべて石のビーズを縫いつけた袋に収められていたが、布の繊維が朽ちたために、辺りに散乱していた。
タツノオトシゴをかたどったペンダントは高さ7.8センチ。
遺物はパナマの国家歴史遺産局と国立文化研究所が提供、スミソニアン熱帯研究所にて撮影。
写真=David Coventry

2012年1月号「パナマに眠る謎の黄金郷」 より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 人気者のキンシコウ
  • 優雅に泳ぐ双子のホッキョクグマ
  • ヒメウミスズメ、スバールバル諸島
  • 氷上を遠望する探検家ロバート・ピアリ
  • 高さ数百メートルの岩壁で宙吊り(南極)
  • 毛虫、ボルネオ島
  • 恐竜のような爪をもつヒクイドリの足
  • 世界最古の熱帯雨林(オーストラリア)
  • 雪の砂丘を移動する隊員たち