低賃金で休みなし。それでも若い隊員と犬たちは、闇と氷に閉ざされたグリーンランドを駆け抜ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北極圏の犬ぞり警備隊

低賃金で休みなし。それでも若い隊員と犬たちは、闇と氷に閉ざされたグリーンランドを駆け抜ける。

文=マイケル・フィンケル  写真=フリッツ・ホフマン

 低賃金で休みなし。けがや空腹、凍傷は当たり前。ホッキョクグマに後をつけ回されることもざらで、家族や友人に会う機会もなければ、デートのチャンスもない――。
 そんな厳しい境遇にさらされるのは、世界の軍隊でデンマーク軍にしかない犬ぞり警備隊「シリウス」だ。シリウスは60年以上にわたって、長さ1万4000キロに及ぶグリーンランド北東沿岸の警備に当たってきた。
 二人の若い隊員に密着し、犬ぞり警備隊の過酷な日常をリポートする。

編集者から

 そりを引く犬たちがどんな犬種なのか、気になって調べてみました。東グリーンランド観光局のウェブサイトによると、もともとは「グリーンランド・ドッグ」という犬種だったそうですが、さらに体が重く強くなるよう独自に品種改良されているそうです。シリウスの過酷な任務に耐える精鋭たち。本誌114ページの9匹(※ウェブには未掲載です)を見ると、どの犬もたくましそうです。(編集T.F)

この号の目次へ

ナショジオクイズ

1947年にこの洞窟付近で見つかった、最古の聖書写本を含む死海文書。紀元前70年前後に隠したとみられていますが発見された当時の状態は?

  • 羊の胃袋に巻かれていた
  • 川に沈められていた
  • 壷に入っていた

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ