第3章 1901-1920 もっと写真を!

第8回 “黄色い枠”は偶然の産物?

 ナショジオの歴史をざっと紹介しているこの連載。前回は1909年の北極点到達だったので、今回は1910年といきましょう。

 という具合に1年ずつやっていたら、あと100回は書かなきゃいけません。もちろんそこまで続けませんよ。いくらなんでも長すぎです。翌年の1910年をいちいちとりあげるのは、ちゃんとそれなりの話題があるからです。

 1910年の注目すべき出来事は2つあります。
 ひとつは2月号から表紙のデザインを新しくしたことでした。

1913年6月号。
(c)Mark Thiessen, NGP

“イエロボーダー”の誕生です!

 なんのことかわからない? “イエローボーダー”とは某○○放送のおは……、じゃなかった『ナショナル ジオグラフィック』の表紙にある黄色い枠のこと。

 とはいえ、まだ色が浅いですし、“ブライトリー・イエロー(輝く黄色)”と呼ぶほどのトレードマーク感はありません。

 てか、紙の地色が黄色いだけなんですが、このデザインから黄色い枠だけが残るなんて、このとき想像した人がいたのでしょうか??(笑)