壁紙

鹿苑(ろくえん)にたたずむダマジカ(英国)

英国ケント州ノールの鹿苑(ろくえん)にたたずみ、どこか貴族めいた面持ちで遠くを見やるダマジカ。今では数少なくなったイングランドの鹿苑は、17世紀初頭には700を数えた。そのころの貴族政治の豪勢な雰囲気は、欽定訳聖書の翻訳者が用いる言葉遣いのはしばしからうかがえる。当時、階級制度は神が定めた宇宙の秩序の反映だと考えられていた。
写真=Jim Richardson

2011年12月号「英語を変えた奇跡の聖書」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 月面で敬礼する宇宙飛行士
  • アラスカの湖で氷に閉じ込められたメタン
  • 出産間近のシロワニ(小笠原諸島沖)
  • フランス・プロヴァンス地方のポピーの花畑
  • 極楽鳥4:ニューギニア島の沼地で雌を呼ぶジュウニセンフウチョウ
  • ヒトデの上をはうタラバガニ
  • 寒い地にしっかりと根を下ろして生きるジャイアントセコイア
  • ムチカラマツの森(駿河湾)
  • 極楽鳥3:自慢のダンスを披露するオナガカンザシフウチョウ