――海外の旅から日本の旅へ。親しい旅好きのお仲間と「ニッポン西遊記」というプロジェクトに取り組んでいるそうですね。その発端は何ですか。

 3年前ですか。それまでは成田に帰ってきたら、ほかの飛行機に乗ってすぐ別の国へ行きたいと思うくらいだったのですが、それがパタッとなくなって、なぜかすごく日本モードになったんです。

 ちょうどそのころ、天皇陛下御即位20周年の記念式典に招いていただきました。
 その時に日本国とはいったいどういう国なんだろうと改めて思ったんです。

 そこから古事記の旅が始まりました。

――それで「ニッポン西遊記」は、大和の国から始まったわけですか。

 結果としてですけどね。

 最初、私は本当にものを知らないので「古事記」はただの神話だと思っていたんですよ。日本の精神性を知るには「古事記」がいいのかな、古事記の旅をしたいなと。

この連載の前回の
記事を見る