第1回 田邊優貴子「不本意ながら、極ガール??」

とけかかる南極の湖と私。2年前の調査にて。(写真クリックで拡大)

 秋晴れの今日この頃、
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 少しずつ冬の匂いがして、いつもなら私はワクワクし始める頃ですが、今年はそんな大好きな季節を日本で過ごすことができません。この原稿が掲載される11月28日には、私はオーストラリアのフリーマントルという港町にいるはずです。パースから車で南に約30分で到着する小さな町です。

 なぜそんな所に?

 と言うと、実はそこで南極観測船しらせに乗り込み、南極大陸へ向けて出発するからです。私は生物学者として第53次日本南極地域観測隊に参加しており、南極へ行くのは今回で3度目。

 女性が3度も南極へ?!
 なんて驚かれることもしばしばですが、当の本人はそんなことを全くもって意識などしていないものです。

 誰もが想像するように、日本で暮らしているときと比べて、南極での生活はとても不便なものになります。

 昭和基地に滞在するならばまた話は別ですが、私は南極大陸上に滞在するほとんどの期間を、昭和基地から約60km離れた調査地をベースにして、しかも3~4人という少人数で野外生活を送ります。