壁紙

サーミ人のテント「ラーボ」

ラーボと呼ばれる円錐形のテントは、サーミの牧夫たちがトナカイを追う際、一時的な住まいとして使う。写真のツンドラで体を休めるニルス・ペデル・ゴープがもっとも安らぎを感じるのは、山の中だそうだ。「サーミの精霊は、いつもわたしたちと一緒にいます」と彼は言う。
写真=Erika Larsen

2011年11月号「遊牧の民 サーミ」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • チベット高原で冬虫夏草を探す人々
  • 森の朝、ドイツ
  • ハイウェーを走り 稲妻を追う
  • 死者の日、メキシコ
  • フェロー諸島の村
  • 驚異のハチ人間
  • 雪のワイオミング
  • シロワニとそれを取り巻くクロホシムロアジの群れ
  • 雨の柱を貫く稲妻 (米国ニューメキシコ州)