――魚好きの日本人。でも、最近は魚離れがいわれ、一方では海洋資源の枯渇が問題視されています。そのあたりはどう考えていますか。

 お魚をはじめとする海産物を、大事な食料としてきた長い食の歴史が日本にはあります。漁法もそれぞれの魚種にあわせた伝統的な漁法から、最新の技術を取り入れた漁法まで様々。

 日本の水族館では世界で初めてマンボウの飼育や、ジンベイザメの飼育に成功されましたけれど、それは、漁師さんの大きな御協力があってこそ! です。そのお魚の習性に合わせた漁法で漁獲されるから、元気できれいな姿でとれる! だから、水族館で飼育も可能になるということなんです。

――マグロやカツオの一本釣りなど、できるだけ魚を傷つけずに捕ろうという漁法ですね。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る