――房総半島沖は黒潮が流れているので、いろいろな生き物と出会えるのではないですか。

 はい。今朝地元の漁師さんの定置網にも、30センチほどのツバメウオが入っていました。毎年、夏から秋にかけて出会います。館山は夏から秋にかけて美しい南の海にくらすお魚が黒潮とともにやってきます。 

 3年ほど前、刺網漁をされている漁師の岡崎さんが「おーい、さかなクン、俺の網にタイマイが入ったから見に来な」と声をかけてくださいました。

「館山の海にタイマイ来るのかなぁ? アカウミガメかアオウミガメじゃないのかあ?」と思いながらも飛んでいくと「うお、すギョい!」本当にタイマイだったんです。

(写真クリックで拡大)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る