壁紙

食べ物を探すトナカイの群れ

スウェーデン・ハロー郊外の冬の放牧地で、深い雪の中、食物を探しながらゆっくりと歩くトナカイ。冬の主食である地衣類にありつくには、雪をかきわけなければならない。ここ数年は気温が高いせいで湿り気の多い雪が降った。こうした雪が地衣類の上でがちがちに凍りつくと、トナカイには壊すのが難しくなる。
写真=Erika Larsen

2011年11月号「遊牧の民 サーミ」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • パイナップルにトカゲ、キューバ
  • ガチョウのヒナが告げる「タッチダウン」
  • 極楽鳥1:朝日を浴びて求愛のディスプレイを披露するオオフウチョウ
  • ボスにかみつく若いオオカミ
  • 金環日食に包まれて
  • チーターの親子
  • 「いかり肩」が特徴のアジアチーター
  • 日光浴をするコウテイペンギンの大集団
  • アオウミガメ、紅海