壁紙

ニイラゴンゴ山の噴火口(コンゴ民主共和国)

直径1.5キロの火口からガスを噴き上げるコンゴの活火山ニイラゴンゴ。ひとたび噴火すれば、200万人が被災するおそれがある。この地域では、地球のプレート運動によって東アフリカを東西に引き裂く地溝帯が生まれ、活発な火山活動が何百万年も続いている。
写真=Carsten Peter

2011年11月号「シリーズ 70億人の地球 断絶するアフリカの楽園」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • シエラネバダ 3 「点描画のような風景」
  • 田植えに向かう母子、マレーシア
  • 世界最大の砂島(オーストラリア・フレーザー島)
  • 滝を懸垂下降
  • 鳥を装う猟師、パキスタン
  • 5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)
  • ヒグマの昼寝、アラスカ州
  • シエラネバダ 2 「アンセルアダムス原生地域」
  • エベレストの日の出