第4回 動物写真で難しいのは“距離感”

――被写体となる動物には、どれくらいまで近づけるものですか。

 セレンゲティのときは、ライオンと間近に向き合って撮ったこともありますよ。寝ているライオンの背中のダニを撮ったり。

 でも、怖くはない。それは、はっきりした理由があるんです。ライオンと面と向き合っても「お前を食いたい」という目をされたことはないです。ホッキョクグマのときはある。それは怖かった。

――どう違うんですか。

 すごく違いますよ。ホッキョクグマは、本当に「食うぞ」という目をして迫ってくる。ライオンは「お前なんぞに興味はない」という感じ。おそらく、ライオンのディナーメニューに人間は載っていないですね。ホッキョクグマのメニューには、人間も載っていますよ、きっと。

――しかし、すぐには近づけないですよね。

 相手と距離を詰めていくときは「安全だよ」ということを伝えてやらなければならないんです。