第3回 例外こそが大きな喜び

――固定観念といえば、動物は同種では殺し合いをしない。それをするのは人間だけだと昔は言われていましたよね。しかし『ナショナル ジオグラフィック』の特集にも掲載されましたが、岩合さんの写真には、ライオンが殺し合うシーンがあります。あれは当時、かなり衝撃的な写真だったのではないですか。

ライオンが殺しあうシーン。1986年5月号より。(写真クリックで拡大)(©Mitsuaki Iwago)

 あれは僕も初めて見ました。あれ以降は一度も見たことがない。

 今では、同種の動物の殺し合いも、動物の子殺しもあることがわかってきました。しかし、人によってはそれまで学術的に確認されていない事象を見ると、それを例外だといいます。本来はあり得ないことだと。しかし、どうでしょうね。

 この間も、すごいシーンを見ましたよ、屋久島で。野生のニホンザルがシカにエサを与えるシーン。木の実を手に持って、シカの口元へもっていくんです。写真に撮ってないので証拠がないんですが、シカもそれを食べるんです。